手術・検査の流れ

検査の種類

屈折矯正手術の術前検査は完全予約です。おおよそ3~4時間かかりますのでお時間に余裕をもってご来院ください。
当日は瞳孔を広げる目薬(散瞳薬)を使用しますので、約5時間見えづらくなります。車の運転はお控えください。
診察では患者様の希望だけでなく、検査結果、患者様の目の状態を総合的に考え、医師と患者様と相談して、治療方法を決定します。
 

検査の流れ

来院

総合、眼科受付

屈折検査、角膜曲率半径、眼圧検査、角膜形状解析検査、前房深度など

波面収差解析装置検査
近視、遠視、乱視や細かな目の屈折(収差)、角膜中心、結膜血管などを測定します。


視力検査
複数回視力を測定し、見える幅を測定していきます。


診察 患者様のご希望や手術が可能か、どのような手術ができるか説明いたします。

散瞳薬点眼 眼底検査のため目薬を点眼します。

散瞳後屈折検査、視力検査
散瞳後に見づらくした状態で屈折や視力を測定します。

散瞳後診察:眼底検査を行い、患者様と手術の日程を決定

手術が決定した場合:看護師と手術前オリエンテーションで終了

手術当日の流れ

当日は手術開始時間の30分前までに来院していただき、準備を始めます。

受付

ケアルームで点眼麻酔および眼周囲の消毒

手術室に入室

手術開始

・エキシマレーザー(レーシックなど)

・有水晶体眼内レンズ

手術終了

看護師より当日の注意点や点眼方法などの説明を受ける

診察後、帰宅

→手術を受けるにあたっての注意

外来受付時間

月~土 8:50 - 11:00
休診日:第2・第4土曜日、日曜日、
祝祭日、年末年始、創立記念日

東京歯科大学水道橋病院眼科
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-9-18
TEL 03-5275-1856

乱視矯正の眼内レンズ治療(治験)に協力してみませんか?