屈折矯正の種類

当院では大きく分けて2種類の屈折矯正手術を行っています。

〇レーザーを用いた手術

目の表面(角膜)に直接にエキシマレーザーを照射するPRK(Photorefractive Keratectomy)と、角膜にフェムトセカンドレーザーで薄いふたの部分を作り、その下にエキシマレーザーを照射するレーシックがあります。どちらの手術も20年以上の歴史があり、安全で手術後の見え方も良好です。目の状態によって、この手術が合わない場合があるので、詳しく検査して適応か調べます。

〇有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)を使用した手術

目の中にコンタクトレンズのように非常に薄いレンズを入れる手術で、近視の度数が強い方が適応です。
どちらの手術も精密検査後、担当医から説明を受け、手術の利点と問題点を十分に理解したうえで手術をお受けになってください。

→代表的な手術

外来受付時間

月~土 8:50 - 11:00
休診日:第2・第4土曜日、日曜日、
祝祭日、年末年始、創立記念日

東京歯科大学水道橋病院眼科
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-9-18
TEL 03-5275-1856

特定臨床研究に協力してみませんか?
乱視矯正の眼内レンズ治療(治験)に協力してみませんか?