トップ › ビッセン宮島弘子教授・著書紹介

ビッセン宮島弘子教授・著書紹介

ビッセン宮島弘子

ビッセン宮島弘子



東京歯科大学水道橋病院 眼科教授
ビッセン宮島弘子
Hiroko Bissen-Miyajima, MD, PhD

役職

慶応義塾大学医学部 眼科講師(非常勤)
日本白内障屈折矯正手術学会理事長
日本眼科手術学会理事
International Intraocular Implant Club(国際眼内レンズ学会)President前会長
日本眼科医会会員
日本眼科学会会員
American Association of Ophthalmology会員
American Society of Cataract and Refractive Surgery会員
European Society of Cataract and Refractive Surgery会員
Association for Research in Vision and Ophthalmology会員
International Society of Refractive Surgery of the American Academy of Ophthalmology会員
Ocular Surgery News Japan Edition 編集長
Eurotimes 編集委員

略歴

1975年         慶應義塾女子高等学校卒 
1981年         慶應義塾大学 医学部卒 
1981年 ~ 1983年 慶應義塾大学病院勤務 
1984年 ~ 1986年 ドイツ ボン大学 眼科助手 
1987年 ~ 1988年 慶應義塾大学病院 眼科助手 
1989年 ~ 1994年 国立埼玉病院 眼科医長 
1992年         ドイツ医学博士の学位受領(ボン大学) 
1993年         博士(医学)の学位受領(慶應義塾大学) 
1995年 ~ 2000年 東京歯科大学 市川総合病院 眼科講師 
2000年 ~ 2002年 東京歯科大学 水道橋病院 眼科助教授 
2003年 ~ 現在   東京歯科大学 水道橋病院 眼科教授 

研究分野

眼科学 特に白内障、屈折矯正手術分野

受賞歴

1992年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル総合第1位

1996年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル総合第1位
ヨーロッパ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル総合第1位

1997年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル手術手技第1位

1999年
ヨーロッパ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル科学部門第1位

2000年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル教育部門第1位
ヨーロッパ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル科学部門第1位

2005年
アメリカ白内障屈折手術学会、ベストペーパー賞

2006年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバルSpecial Interest部門第1位

2009年
アメリカ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバル 白内障眼内レンズ手術部門第1位

TOP

代表的な著書紹介

一般の方むけに、白内障及び緑内障治療について解説した入門書です。

スーパー図解 白内障・緑内障―いつまでもクッキリ見るための最新治療

スーパー図解 白内障・緑内障―いつまでもクッキリ見るための最新治療
ビッセン宮島弘子監修

内容(「BOOK」データベースより)
日本人の中途失明の第1位である緑内障、同第2位の白内障の原因、症状、最新治療法などを図解を駆使して徹底的にわかりやすく解説

amazon

日本国内の眼科医に広く読まれているバイブル的教科書です。

LASIK

LASIK(レーシック)

内容(「BOOK」データベースより)
本書はエキシマレーザー屈折矯正手術の中で中心的な位置にあるLASIKに焦点を絞って書かれたもの。LASIK術前の適応と判断、インフォームドコンセント、レーザー、ケラトーム、その他のもろもろの器具、手術の細かなポイント、術後の処置や検査、さまざまな合併症への対処法、これからの技術の紹介、実に読みやすい、そしてわかりやすい記載である。

内容(「MARC」データベースより)
レーザーを用いた屈折矯正手術の中で中心的な位置にあるLASIKについて、手術準備から手術の実際、術後管理まで、実践的な知識を中心に解説する。小見出しや写真を多くして、ビジュアル面に配慮。〈ソフトカバー〉

amazon

一般の方向けに、近視矯正手術(レーシック)をわかりやすく解説した入門編の著書です。

矯正手術で近視を治す

矯正手術で近視を治す

内容(「BOOK」データベースより)
たった20分の手術で、正常な裸眼視力が取り戻せる。今、注目を集める最新の治療法。6年前にアメリカで自らこのLASIK(レーシック)手術を受け、視力の向上と安全を実証している眼科専門医が監修した分かりやすい解説書。

内容(「MARC」データベースより)
眼鏡やコンタクトなしで、快適な「視生活」を送りたい-。6年前にアメリカで自ら屈折矯正手術(LASIK)を受けた眼科専門医が、LASIKの利点、問題点、今後の可能性などについて分かりやすくまとめる。

amazon

日本国内の眼科医に広く読まれている多焦点眼内レンズの専門書です。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

内容(あたらしい眼科Vol.25 No.8 2008 眼科三宅病院 三宅謙作より)
本書は、基礎編、臨床編、応用編の3部から構成されている。基礎編には、歴史,基礎知識,各種多焦点IOLの臨床成績が収められている。ここでは、歴史、原理を学ぶことにより、なぜ今日この分野が改めて注目を集めることになったか、などが理解できる。
臨床編では、術前検査と適応、インフォームドコンセント、手術の実際、術後検査と本手術の中心をなす部分の解説がきわめて具体的にすすむ。術前検査と適応判断の章の表5-1導入時期の適応(P54)は、本書全体でも著しく有用な表になっている。

amazon

患者の満足度を追求したい眼科医に向けて、トーリック眼内レンズの日本初の専門書です。

トーリック眼内レンズ

トーリック眼内レンズ

内容(「南山堂」サイトより)
通常の眼内レンズでは角膜乱視がある症例に対し白内障術後に乱視が残り、眼鏡等で矯正を行う必要があった。 しかし、保険適用の中で手術と乱視矯正を同時にできる「トーリック眼内レンズ」が誕生したことにより、その不便は解消された。 本書は同レンズの日本初の解説書である。患者の満足度を追求したい眼科医に向け、最新の情報を提供する。

amazon

TOP

活動実績

学会発表

国際学会

2016年

Bissen-Miyajima H, Yaguchi S, Nakamura K, Minami K. Implantation of Trifocal and Trifocal Toric IOLs Following Femtosecond Laser-Assisted Cataract Surgery in Japanese Eyes. American Society of Cataract and Refractive Surgery. New Orleans,USA,2016/5/6-10.

Bissen-Miyajima H. Image Guided System for Toric IOLs. American Society of Cataract and Refractive Surgery. New Orleans. USA, 2016/5/6-10.

Bissen-Miyajima H. New Approach to Reduce PCO with Hydrophobic Acrylic lens? 3 Years Clinical Data Follow-up with New IOL Material. 29th Annual Meeting of the Asia-Pacific Association of Cataract & Refractive Surgeons. Nusa Dua Bali. 2016/7/28-30.

Bissen-Miyajima H. How to Select Bifocal IOL with Different Near Add and Trifocal IOL. 29th Annual Meeting of the Asia-Pacific Association of Cataract & Refractive Surgeons. Nusa Dua Bali. Indonesia. 2016/7/28-30.

Bissen-Miyajima H. FLACS: Revolution, Evolution or No Solution?. 29th Annual Meeting of the Asia-Pacific Association of Cataract & Refractive Surgeons. Nusa Dua Bali. Indonesia. 2016/7/28-30.

Bissen-Miyajima H. Recent Advances in Cataract Surgery. The ⅣⅡ All-Russian Conference with International Participation: Modern Technologies in Cataract and Refractive Surgery. Moscow. Russia. 2016/10/26-29.

2015年

Bissen-Miyajima H, Introdusing Femtosecond-laser to Cataract Surgery, Asia-ARVO, Yokohama, Japan, 2015/2/16-19.

Bissen-Miyajima H, Multifocal IOLs With +2.5D Near Addition in Japanese Eyes: 1-Year Reslts. American Society of Cataract and Refractive Surgery, San Diego, U.S.A., 2015/4/17-21.

Bissen-Miyajima H, My Insight on the Multifocal IOL (2011 & Now), SNEC 25th Anniversary International Meeting, Singapore, 2015/5/23.

Bissen-Miyajima H. Image guided system to improve the precision of toric intraocular lens. 28th Annual Meeting of the Asia-Pacific Association of Cataract & Refractive Surgeons, Kuala Lumpur, Malaysia, August 6, 2015.


国内学会

2016年

ビッセン宮島弘子. 新しい屈折矯正の進歩と評価. 第120回日本眼科学会総会, 仙台市, 2016/4/7-10

ビッセン宮島弘子. 術中バロメーターORA™の可能性. 第31回日本白内障屈折矯正手術学会,京都市, 2016/6/24-25.

ビッセン宮島弘子. 知って得する!白内障手術のこれから. 第31回日本白内障屈折矯正手術学会,京都市, 2016/6/24-25.

ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーを用いた乱視矯正手術. 第70回日本臨床眼科学会, 京都市, 2016/11/3-6.

ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ. 第70回日本臨床眼科学会, 京都市, 2016/11/3-6.

2015年

ビッセン宮島弘子. 白内障手術,第38回日本眼科手術学会総会, 京都, 2015/1/30-2/1

ビッセン宮島弘子, ReSTOR®ファミリーの上手な使い方. 第38回日本眼科手術学会総会, 京都, 2015/1/30-2/1.

ビッセン宮島弘子, IOLマスター700&CALLISTOeye:プレミアムIOL術前検査~手術まで, 第119回日本眼科学会総会, 札幌, 2015/4/16-19.

ビッセン宮島弘子, 白内障手術後のさらなる視機能改善を目指して, 第30回JSCRS学術総会, 東京都千代田区, 2015.6.19-21.

ビッセン宮島弘子, LenSx®眼科用レーザー手術装置の導入, 第30回JSCRS学術総会, 東京都千代田区, 2015.6.19-21.

Hiroko Bissen-MIyajima, Pearls in Selecting Multifocal IOLs, 第30回JSCRS学術総会, 東京都千代田区, 2015.6.19-21.

ビッセン宮島弘子, THE CATARACT REFRACTIVE SUITE BY ALCON におけるLenSx®眼科用レーザー手術装置の役割. 第30回JSCRS学術総会, 東京都千代田区, 2015.6.19-21.

ビッセン宮島弘子, フェムトセカンドレーザー 歴史と未来(シンポジウム), 第69回日本臨良眼科学会, 名古屋市熱田区, 2015/10-22-25.

ビッセン宮島弘子, フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術の安全性と有効性評価のための前向き研究, 第69回日本臨良眼科学会, 名古屋市熱田区, 2015/10-22-25.

講演

国内講演

2016年

ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザー白内障手術の基礎と臨床. 第3回ふじのくに眼科フォーラム, 静岡市葵区, 2016/1/16.

ビッセン宮島弘子. 高機能眼内レンズを身近なものに. 第1回東大眼科病診連携の会, 東京都千代田区, 2016/1/23.

ビッセン宮島弘子. LASIKの現状. 第9回東京眼科アカデミー, 東京都千代田区, 2016/2/27-28.

ビッセン宮島弘子. マルチフォーカルレンズアップデート. AMOマルチフォーカルアップデートセミナー, 東京都千代田区, 2016/4/16.

ビッセン宮島弘子. 歯科医のための眼科最新情報:屈折矯正手術から最新白内障手術まで. 川崎水病会学術研修会, 川崎市中原区, 2016/6/18.

ビッセン宮島弘子. 見逃していませんか?矯正可能な白内障手術後の屈折誤差. 第4回JSCRSサマーセミナー, 東京都千代田区, 2016/8/28.

ビッセン宮島弘子. 最新の白内障手術. 第32回日本視機能看護学会学術総会, 東京都千代田区, 2016/10/1.

2015年

ビッセン宮島弘子.トーリック機能付多焦点眼内レンズの上手な使い方.第8回東京眼科アカデミー.東京. 2015/2/7-8.

ビッセン宮島弘子. ビッセン宮島弘子, 白内障手術の変遷, 第47回湘西眼科フォーラム, 神奈川, 2015/3/5.

ビッセン宮島弘子, プレミアム眼内レンズをマスターしよう, 第115回日大眼科症例検討会, 東京, 2015/3/12.

ビッセン宮島弘子, トーリックレンズアップデート, AMOトーリックアップデートセミナー, 東京, 2015/4/5.

ビッセン宮島弘子, フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術,第10回京都大学臨床眼科討論,京都市東山区, 2015/10/30.

論文

2016年

Bissen-Miyajima H, Inoue Y, Nishimura T, Taira Y, Sugimoto T, Nagayama M, Shimokawabe K. Comparison between Toric and Non-Toric Intraocular Lenses in Patients with Corneal Astigmatism: A One-Year Multicenter Study. J Clin Exp Ophthalmol. 7(1). doi: 10.4172/2155-9570,10005101, 2016/Jan.

Hirasawa M, Takubo K, Osada H, Miyake S, Toda E, Endo M, Umezawa K, Tsubota K, Oike Y, Ozawa Y. Angiopoietin-like Protein 2 is a Multistep Regulator of Inflammatory Neovascularization in a Murine Model of Age-related Macular Degeneration. J Biol Chem. 2016 291(14):7373-85, doi:10.1074/jbc.M115.710186. Epub, 2016/2

Bissen-Miyajima H, Minami K, Yoshino M. Effect of Previous Myopic Laser In Situ Keratomileusis on Contrast Sensitivity After Diffractive Multifocal Intraocular Lens Implantations. Clin Exp Ophthalmol. 7(2). doi:10.4172/2155-9570.1000540, 2016/4.

Ota Y, Minami K, Oki S, Bissen-Miyajima H. Long-Term Stability of Diffractive Multifocal Intraocular Lenses: Contralateral Comparison between Silicone and Acrylic Materials. J Clin Exp Ophthalmol 7(3): 569, doi:10.4172/2155-9570.1000569, 2016/7.

中村邦彦, 大木伸一, 田中みちる, 弓山里穂, ビッセン宮島弘子, 南慶一郎. Wavefront-guided laser in situ keratomiluesisによる回折型多焦点眼内レンズ挿入眼における屈折誤差矯正:術前波面収差解析装置の比較. あたらしい眼科 33(6):895-896, 2016/6.

ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術の長期予後と今後の展望. 日本眼科学会雑誌 120(7):479-480, 2016/7.

ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術の長期予後と今後の展望. 日本眼科学会雑誌120(7):479-480, 2016/7.

平沢 学. フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術の現状と展望. 日本白内障学会誌 8:63-65, 2016/6.

平沢 学. 手術器具 LenSx. IOL&RS 30(1):97-102, 2016/9.

大木伸一. 多焦点眼内レンズの術後特殊検査. 眼科グラフィック  5(1):26-31, 2016/1.

松丸麻紀. 多焦点眼内レンズの術後視力検査. 眼科グラフィック.5(1):20-25, 2016/1.

佐藤 正樹, 林研, 根岸 一乃, 神谷和孝, ビッセン宮島弘子. 2014・2015年度JSCRS会員アンケート-JSCRSアンケート調査ワーキンググループ-. IOL&RS 30(3):385-401, 2016/9.

2015年

Uchida A, Inoue M, Bissen-Miyajima Dynamic changes of optical aberrations during restoration of optical properties of hydrophobic acrylic intraocular lens ejected through cartridge. Br J Ophthalmology:
1143-8. doi: 10.1136/bjophthalmol-2014-306592. Epub 2015 Apr 13.

Bissen-Miyajima H, Negishi K, Hieda O, Kinoshita S. Microincision Hydrophobic Acrylic Aspheric Toric Intraocular Lens for Astigmatism and Cataract Correction. J Refract Surg. 2015 Jun;31(6):358-64. 2015.

Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Yoshino M, Oki S. Visual Performance After Contralateral Implantation of Multifocal Intraocular Lenses With +3.0 and +4.0 Diopter Additions. Asia Pac J Ophthalmol ;4(6):329-33.2015/11.

中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 林研, 吉野真未, 平沢学, 桝本美樹, 瀧本峰洋, 堀川久美, 前田直之.着色非球面多焦点乱視矯正眼内レンズ(SND1T3、SND1T4、SND1T5、SND1T6)の白内障摘出眼を対象とした臨床試験成績. 日本眼科学会雑誌119(1).7-15.2015/1.

中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 平沢学, 大木伸一, 田中みちる, 弓山里穂, 高橋晶子. 当院における先進医療としての多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術希望患者の動向. 眼科手術 28(2). 286-288.2015/4.

ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 平沢学, 大木伸一, 南慶一郎. テクニス®1ピース回折型多焦点眼内レンズ挿入後1年の成績. あたらしい眼科 32(6).894-897.2015/7.

ビッセン宮島弘子, 林研, 平沢学, 吉野真未, 中村邦彦, 吉田起章, 桝本美樹, 佐々木博司. 着色非球面+2.5D近方加入多焦点眼内レンズSN6AD2(SV25T0)の臨床試験成績. 119(8).511-520.2015/8.

吉野真未, 南 慶一郎, 平沢学, 大木伸一, ビッセン宮島弘子, Laser in situ keratomileusis(LASIK)術後多焦点眼内レンズ挿入眼の術後成績, 日本眼科学会雑誌 119(9), 613-618, 2015/9.

著書・監修

  1. Bissen-Miyajima H, Koch DD, Weikert MP, editors. Cataract Surgery: Maximizing Outcomes Through Research. Tokyo: Springer Japan KK, 2014.
  2. Inoue M, Ohnuma K, Noda T, Bissen-Miyajima H. Image quality of the eye with a premium IOL: simulation of the retinal surgeon’s view. In: Bissen-Miyajima H, Koch DD, Weikert MP, editors. p. 179-190. Cataract Surgery: Maximizing Outcomes Through Research. Tokyo: Springer Japan KK, 2014.
  3. ビッセン宮島弘子監修. スーパー図解 白内障・緑内障 -いつまでもクッキリ見るための最新治療-.法研.2013/4.

TOP

白内障手術
レーシック
多焦点眼内レンズ
フェムトセカンドレーザー
有水晶体眼内レンズ
トーリック
眼瞼下垂手術
網膜外来
先進医療

› サイトマップ   › English