トップ › 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、遠くと近くが見える遠近両用レンズです。2007年に厚生労働省の承認を受け、2008年7月に先進医療として承認されました。

これにより、老眼年齢であっても、多焦点眼内レンズ挿入により、眼鏡に依存しない生活、または眼鏡の使用頻度を減らす事ができます。

単焦点眼内レンズとの違い

 白内障によって濁った水晶体を超音波乳化吸引装置で摘出し、その代わりに挿入する人工レンズ(眼内レンズ)は、今までは単焦点眼内レンズのみの使用が可能でした。単焦点眼内レンズは、ある1点にピントが合うレンズです。そのため、若い頃のように見たいすべての距離にピントを合わせることは不可能で、ほとんどの場合、眼鏡が必要となります。例として、遠くが見えるような度数の単焦点眼内レンズを挿入した患者様は、車の運転やゴルフは眼鏡なしで可能ですが、近くの字を読みたい時、スコアカードを見たい時には近用眼鏡(いわゆる老眼鏡)が必要です。

多焦点眼内レンズにより、眼鏡に依存しない日常生活が可能となり、老眼年齢の方にはQOL(quality of life)の向上が期待されます。

見え方のシミュレーション

単焦点眼内レンズを入れた場合は図のように遠くの景色は見えますが、目の前にあるガイドブックは読めません。一方、多焦点眼内レンズを入れた場合は遠くの景色も見え、かつガイドブックも読めます。
このように、すべての距離が見えるわけではありませんが、遠くと近くが見える事で日常生活は非常に楽になります。

イメージ

TOP

多焦点眼内レンズの選択

国内で承認されている多焦点眼内レンズは、そのほとんどが回折型多焦点眼内レンズです。回折型は、回折現象(diffraction)により、入射光を遠用と近用に配分します。

回折型多焦点眼内レンズにもいくつか種類がありますので、患者様のライフスタイル、体型、医学的な向き不向きなど考慮してレンズを選択します。
また、分節型や三焦点レンズ(国内未承認レンズ)などもあります。

» 分節型多焦点レンズ
» 三焦点眼内レンズ

TOP

当院で扱っている眼内レンズの種類

TOP

多焦点眼内レンズは誰にでも入れられるのか?

 多焦点眼内レンズ挿入には、十分な適応検査が必要です。視力に影響をおよぼす眼疾患を合併している場合は、多焦点眼内レンズを挿入してもその効果が発揮できない可能性があります。具体的には緑内障による視野障害、黄斑変性症などの網膜硝子体疾患、角膜混濁がある場合は、適応とならない場合が多いです。また、眼鏡をかけることは問題ない場合、自費負担をして多焦点眼内レンズを選択しなくても、保険適応の単焦点眼内レンズで十分満足いただけます。

多焦点眼内レンズは高価なものであるため、見え方への期待が高くなります。術前の予想している見え方より、術後の見え方が悪いようであれば、不満を感じる患者様もいらっしゃると思います。
まずは正確な情報を知って頂くことが重要です。
ライフスタイルや性格も重要になってきます。

患者様の目の状態によってレンズの選択は異なりますので、必要な検査をすべて行い、多焦点眼内レンズが合っているかどうか、担当医およびスタッフからわかりやすく丁寧な説明を行っています。

多焦点眼内レンズを挿入するにあたり注意するポイント
眼鏡をかける事を問題としていない場合
術前に過度な期待を持っている
近方を見ることがあまりない
精密な近方作業を行う仕事または趣味がある
レンズが高価というだけでの選択
繊細な性格(術後の視力や手術の成功率などが気になる人は注意)
多焦点眼内レンズをあまり理解していない
白内障以外の眼疾患がある

TOP

加入度数と見え方

回折型多焦点眼内レンズは遠方と近方2つ焦点がありますが、レンズの加入度数によって近方焦点位置が違うものがあります。患者様のライフスタイルでレンズを選択できます。

① +4.0D回折型多焦点眼内レンズ(+4.0D回折型レンズ)

遠方と近方30cm前後に焦点が合います。近方の焦点は読書や近方作業の距離に合うレンズです。焦点が30cm前後のため、それ以外の距離、たとえば楽譜を見る場合などに限り、眼鏡を使う方もいらっしゃいます。眼鏡使用率は約1割と使用頻度はかなり減らせる事が可能です。

②+3.0D回折型多焦点眼内レンズ(+3.0D回折型レンズ)

遠方と近方約40cmに焦点が合います。近方の焦点はパソコンや中間作業の距離に合うレンズです。近方の焦点が40cmにあるため、長時間の読書や裁縫時に一時的に眼鏡を使用する方もいらっしゃいますが、眼鏡使用率は全体の約1割です。

③+2.5D回折型多焦点眼内レンズ(+2.5D回折型レンズ)

遠方と中間約50cmに焦点が合います。このレンズは日常視で眼鏡の使用頻度を減らす事を目的としている事から、遠方や中間距離が見やすい設計になっています。車の運転など遠方を重視したい方に適しています。読書など近方を見る時のみ近用眼鏡が必要になります。

TOP

乱視の見え方とトーリック(乱視矯正用)多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、裸眼(眼鏡なし)で遠方と近方が見やすいことを目的としていることから、乱視があると多焦点眼内レンズを入れても乱視のせいで視力がでにくいことがあることを十分理解しておく事が重要です。
  
角膜乱視が強いほど裸眼視力に影響し、1.0D以上の乱視があると裸眼視力が低下します。今までは乱視がある患者様で多焦点眼内レンズを希望する場合、乱視矯正手術が必要になることが多かったです。

乱視を同時に矯正できる多焦点トーリック眼内レンズが使用できるようになり、乱視がある場合でも1回の手術ですむようになりました。多焦点トーリック眼内レンズを挿入される患者様には乱視の細かい検査も行います。

TOP

三焦点眼内レンズ

遠くと近くの二焦点にピントがあう眼内レンズに加え、三焦点にピントがあう眼内レンズも開発されています。 焦点が「遠く」、「中間」、「近く」の3カ所にあう事が特徴です。遠方、近方に加え、どの距離もある程度見える事を希望される患者様に適しています。

国内未承認品につき、当院の倫理審査委員会の承認を得て使用しています。三焦点眼内レンズによる手術費は先進医療対象外です。

手術前、手術後の見え方の違い

TOP

分節型多焦点眼内レンズ

分節型多焦点眼内レンズとは、レンズの部分に遠くを見るための部分と近くを見るための部分があり、遠くと近くが見えるようにしたレンズです。
遠方部分と近方部分の境目がなく、遠方から近方までがスムーズにつながっています。
回折型多焦点眼内レンズのように、回折構造を使って焦点を遠方と近方に分けるデザインと異なり、コントラスト感度低下がなく、遠方の鮮明な見え方が利点とされています。

中間および近くの見え方も良好ですが、新聞や辞書のような細かい字を読む場合には回折型の方が適する場合があります。
オーダーメイドのレンズのため、より患者様の眼に適したレンズの選択が可能です。

国内未承認品につき、当院の倫理審査委員会の承認を得て使用しています。また、CEマーク(欧州連合EU加盟国での基準適合マーク)を取得しています。

分節型多焦点眼内レンズによる手術費は先進医療対象外です。

TOP

手術後の見え方:特にコントラスト感度について

多焦点眼内レンズを挿入した場合、コントラスト(色の濃淡)の落ちた状態で見えにくいことがあります。これは入ってきた光を、レンズが遠方と近方に分けるために生じる現象で、多くの場合、気になる程度ではありませんが、中には、全体的に膜がかかったような見えづらさを訴える患者様がいらっしゃいます。手術後、時間と共に、また両眼に多焦点眼内レンズを挿入することで、日常生活に影響するような問題を訴える方は少ないですが、当院で調べた結果、約7%の方にこのような問題が見受けられます。どうしても慣れない患者様には、偏光メガネ、追加屈折矯正、単焦点眼内レンズへの交換などの対処を行っています。

TOP

先進医療

先進医療は国民の安全性を確保し、患者負担増大を防止、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するものです。

1、先端医療のうち厚生労働大臣の承認を受けたもの。
2、その種別ごとに実施可能な病院(またはその要件)が承認されている。
3、先進医療として扱われる費用は保険対象外のため患者が全額を支払い、通常の保険診療と共通する部分は保険対象となりこれらを併用することができる。

当院は、先進医療を行う施設として承認されています。先進医療として認められた多焦点眼内レンズ挿入術は自費負担となりますが、手術前や手術後の診察は保険適応となり、患者様の負担が減ります。任意保険に入っている方は先進医療特約が使えます。

» 詳細は、「先進医療」ページをご覧ください。

TOP

多焦点眼内レンズ手術費用

国内承認レンズ

手術・レンズ代が自費診療 + 手術前後の診察・投薬は保険診療となります。
片眼 : 439,100円(手術・レンズ代)

 ・「先進医療」は患者様の負担軽減のため非課税となっています。
 ・ 術前、術後の定期検査、投薬は通常の保険診療となります。(健康保険証により金額が変わります)
 ・ 価格は今後変更することがあります。

国内未承認レンズ (先進医療対象外) 

手術・レンズ代、手術前後の診察・投薬とも自費診療となります。
片眼 : 600,000円 (消費税別)

» フェムトセカンドレーザー白内障手術による手術費用はこちらをご覧ください。

TOP

白内障手術
レーシック
多焦点眼内レンズ
フェムトセカンドレーザー
有水晶体眼内レンズ
トーリック
眼瞼下垂手術
網膜外来
先進医療

› サイトマップ   › English