トップ › 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

白内障について

白内障は、目のレンズの役割を果たしている水晶体が濁る病気です。主な原因としては、加齢によるものが多く、70歳以上の方の80%以上は白内障、80歳以上なら、誰でもなっていると思っていいです。加齢以外の原因として、先天性、眼の外傷や炎症疾患の既往、アトピー性皮膚炎や糖尿病といった全身疾患に併発するものがあります。
白内障を疑わせる症状として、全体にかすんで見える、光をまぶしく感じる、眼鏡を作りかえても合わない、老眼だったのに近くが見えるようになったなどがあります。これらの見えにくさは視力検査のみでは判断できないことがありますので、眼科で診察を受けることをおすすめします。

治療法“日帰り白内障手術”

白内障の治療法は、今のところ手術しかありません。手術というと非常に抵抗がありますが、近年の技術進歩で、白内障は日帰り手術が可能になりました。手術は、以前のような眼のまわりに注射する麻酔ではなく、点眼麻酔で行われます。手術創は非常に小さくなり、当院では約2mmの切開から濁った水晶体を取り出し、新しい眼内レンズを挿入しています。傷口を縫う必要がなく、手術終了後、眼帯なしで帰宅できます。
具体的な手術方法は、超音波乳化吸引術といって、小さな傷口から細い管を入れて濁った水晶体を超音波で砕きながら除去していきます。水晶体の外側の袋を一部残し、その中に眼内レンズを挿入します。眼内レンズには、いろいろな度数があり、手術前の精密検査で患者様に合った度数が選択されます。このレンズ度数を調整することで、手術前の近視や遠視をなおすこともできます。

手術をご希望の方は、まず手術可能な状態か診察する必要がありますので、お気軽にご相談ください。

白内障、白内障手術についての詳しい情報は日本眼内レンズ屈折手術学会ホームページを参照してください。

TOP

白内障手術の流れ

1眼球を切開し、水晶体の前嚢を切り取る。

イメージ

2水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引して取り出す。

イメージ

3残した後嚢の中に、眼内レンズを挿入する。

イメージ

眼内レンズ

レンズ直径6mm程で、後嚢に固定するためループがついています。眼内レンズをいったん挿入すれば、取り替える必要はありません。

TOP

白内障手術
レーシック
多焦点眼内レンズ
フェムトセカンドレーザー
有水晶体眼内レンズ
トーリック
眼瞼下垂手術
網膜外来
先進医療

› サイトマップ   › English