白内障とは

目の構造はカメラにたとえることができます。その中で、レンズの役割を担っているのが水晶体です。
白内障とは、この水晶体が濁ってしまう状態です。
原因として多いのが加齢です。70歳以上の80%以上、80歳以上なら誰でも白内障になっていると思っていいでしょう。
加齢以外の原因としては、先天性(生まれつきの病気)、眼の怪我や炎症の既往、アトピー性皮膚炎や糖尿病といった全身疾患に併発するものがあります。

健康な眼と白内障の眼の違い

白内障の症状

白内障が疑われる症状として、全体にかすんで見える、光をまぶしく感じる、眼鏡を作りかえてもよく見えない、老眼だったのに近くが見えるようになったなどがあります。
これらの見えにくさは視力検査のみでは判断できないことがあります。
気になる症状があれば、眼科で診察を受けることをおすすめします。

白内障の予防

加齢などある程度防ぎようのないところもありますが、できることとしては強い日光にあたらないようにすることです。
紫外線を浴びると白内障が進行すると言われていますので、日差しが強いときはサングラスや帽子を使用するといいでしょう。
そのほか、糖尿病やアトピーなどの全身疾患をコントロールすることも大切です。

→白内障Q&A
→日帰り白内障手術

外来受付時間

月~土 8:50 - 11:00
休診日:第2・第4土曜日、日曜日、
祝祭日、年末年始、創立記念日

東京歯科大学水道橋病院眼科
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-9-18
TEL 03-5275-1856