眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは上まぶたが垂れ下がって目が開きにくくなる状態で、後天性のものとして加齢によるもの、コンタクトレンズ長期装用による場合が多いです。
軽度の場合は問題ありませんが、まっすぐ見たときに上まぶたが瞳孔(ひとみ)にかぶさると、視界が狭くなり、ものがみえづらくなります。眉毛をあげて目を開こうとするため、額(おでこ)にシワを寄せるようになり、眼精疲労、頭痛、肩こりの原因にもなります。

治療は手術(主に保険適用)になります。当院では、両眼一緒に日帰りで行っています。
垂れ下がった皮膚、ゆるんだ筋肉、まわりの組織を手術でもとの状態に近くします。まぶたの皮膚のみがゆるんでいる眼瞼皮膚弛緩では皮膚切除のみになります。
詳しくは主治医にご相談ください。

眼瞼下垂
まぶたが瞳孔にかぶさる
おでこにシワが寄る
手術後
目が開き、まぶたは瞳孔にかぶさらない
外来受付時間

月~土 8:50 - 11:00
休診日:第2・第4土曜日、日曜日、
祝祭日、年末年始、創立記念日

東京歯科大学水道橋病院眼科
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-9-18
TEL 03-5275-1856

特定臨床研究に協力してみませんか?
乱視矯正の眼内レンズ治療(治験)に協力してみませんか?