トップレーシック(屈折矯正) › 手術の流れ・費用について

レーシック(屈折矯正)

手術の流れ・費用について

手術の流れ

手術当日、予定開始時間の30分前までに来院

準備室にて、点眼麻酔および眼周囲の消毒

レーザー室に入室

手術は角膜フラップをフェムトセカンドレーザーで作製し、
矯正度数に合わせたエキシマレーザー照射。
レーザー終了後、角膜フラップを元の位置に戻して終了。
(両眼続けて行い、約15分で終了)

診察室にて術後検査

当日の注意点や点眼方法などの説明を受け、帰宅

手術の工程

イメージ 1開瞼器(瞼をあける道具)をつける。
イメージ 2フェムトセカンドレーザーでフラップを作製。
イメージ 3エキシマレーザー照射。
イメージ 4ウェイブフロントを用いた正確なレーザー照射。
イメージ 5フラップをなじませて手術終了。

費用

片眼 : 200,000円(税別)(税込210,000円)
両眼 : 400,000円(税別)(税込 420,000円)
術前検査 : 9,000円(税別)(税込 9,450円)
術後定期検査 : 1回当たり5,000円(税別)(税込 5,250円)

※投薬料は別途かかります。
※他施設で屈折矯正手術をされた患者様はセカンドオピニオン外来になります。

» 詳細は「セカンドオピニオン外来」をご覧ください。

お支払い方法

  • 窓口での現金支払い
  • 窓口でのクレジットカード支払い VISA MASTER
  • 銀行振込(手術後にお振込みください)

お振込口座 : 三井住友銀行 神田支店
 普通預金 : 6542043
 口座名義 : (学)東京歯科大学水道橋病院

※振込の際は、患者名でお願いいたします。

TOP

› サイトマップ   › English