トップレーシック(屈折矯正) › 代表的な矯正手術の方法

レーシック(屈折矯正)

代表的な矯正手術の方法

LASIK Laser in Situ Keratomileusis(レーシック方式)

イメージ角膜の表面に薄いフラップを作り、その下へエキシマレーザーをあてて角膜を削った後、再び角膜表面を元に戻すという術式です。
上皮を残すため痛みや感染症の心配が比較的少なく、高度近視までをカバーできる手術方法とされています。

PRK Photorefractive Keratectomy(ピーアールケー方式)

イメージ角膜の上皮を剥がした後、角膜の中心部へエキシマレーザーを照射し、ごく少量の角膜組織を取り除き、角膜の形状を平坦化させる術法です。
下図のように角膜が平坦化されると屈折力も変わり、焦点が後方へずれてピントが網膜上で合う状態になります

イメージ

Epi LASIK [Epipolis Laser in situ Keratomileusis]

角膜上皮のみをLASIK同様、電動メスで剥がし、エキシマレーザーで角膜を削り、上皮フラップを元に戻す方法です。LASIKより薄いフラップとなるので、角膜厚の薄い人などに適しています。PRKより術後の痛みも少なく、視力回復も良好です。

有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)

コンタクトレンズは角膜の上、すなわち眼外にのせていますが、薄いレンズを眼内に挿入して、毎日の出し入れが必要なくなる方法です。LASIKでは矯正できない強度近視や強度遠視の方に向いています。

» 詳細は「有水晶体眼内レンズ」ページをご覧ください。

RK Radical Keratotomy

イメージ角膜周辺部に放射状の切開を入れ、角膜中心部のカーブを変えて視力を改善します。
レーザーではなくメスを使用する古典的な術式ですが、深い切開を施すので角膜が弱くなったり、眼圧の変動で角膜の形状が変化し、視力が安定しないなどの問題点があります。

TOP

› サイトマップ   › English