トップレーシック(屈折矯正) › 屈折異常の種類

レーシック(屈折矯正)

屈折異常の種類

眼と屈折異常は主に次のような関係があります。

正常な眼球

正常な眼球では角膜を通った光は、角膜と水晶体で屈折し、網膜で焦点が合うようになっています。

イメージ

近視眼の場合

近視の場合は角膜の屈折する力が強いか、もしくは眼球が長いため、網膜より手前で焦点が合います。網膜上では像がぼやけた状態で映ります。

イメージ

乱視眼の場合

角膜の屈折力が均一でないため、通過した平行光線が、一点で結合しない状態です。像がぼやけたり、二重、三重に見えます。

イメージ

TOP

› サイトマップ   › English