トップ › レーシック(屈折矯正)

近視矯正(レーシック)

レーシックは近視矯正の一つの方法として確立し、アメリカやヨーロッパを中心にすでに数百万人が手術を受けています。世界的に見れば決して特殊な矯正法ではありません。日本でも近視矯正手術を希望する方は確実に増えています。しかし、マスコミや一部の広告によって、誰でも手軽に受けられる手術のように受け取られがちですが、そうではありません。

角膜そのものが薄い方や、目の病気で治療中の方は、レーシックが適さない場合があります。眼科専門医による適応判断が重要で、手術前の検査や説明が適切でなかったために、トラブルを起こしたケースも少なくありません。手術前の検査や手術のみならず、手術後の適切なケアや治療が必要なこともあります。

レーシックは、既に約20年の歴史があり、手術方法の安全性や良好で安定した手術成績が世界的に認められています。最も重要なのは、手術後の見え方について、患者様ご自身が十分理解する事です。手術によってどのくらい見えるようになるのか、どの位の見え方が最も適しているのか、手術後しばらくどのような症状があるのかといった事を、担当医から説明を受け、十分理解して頂いた上で手術をお受けになって下さい。

TOP

当院のLASIK手術

当院では、患者様ひとりひとりの目の形に合わせたカスタムメイドのレーザー照射(Wavefront-guided LASIK)を行うことで、より優れた術後視力が得られるようにしています。角膜の薄い蓋の部分(フラップ)は、フェムトセカンドレーザーを用いて作製することで、フラップの大きさや厚さの精度が非常に高くなっています。これらの技術はiLASIKと呼ばれ、アメリカでは宇宙飛行士やパイロットにも行われています。

術前検査

手術後の結果に影響するとても大切な検査で、当院では、約3時間かけて精度の高い検査をしています。そのため、完全予約制とさせて頂いています。具体的には、屈折、角膜形状、角膜厚、角膜内皮細胞、前房深度、角膜径、老眼年齢の方は遠くと近くの見え方のバランスを考え、細かな視力検査をいたします。
波面収差解析装置(Abbott社iDesign)により患者様の細かな眼の状態を測定し、その結果に基づいてレーザーの照射プランを決定します。

波面収差解析装置(iDesign)

iDesignは、患者様の屈折状態(近視、遠視、乱視)と高次収差(Wavefront 解析)を、最大1257個のハルトマンシャック像で測定します。この結果をもとに、患者様の眼に合わせてレーザー照射する、カスタムメイドのレーザー照射が可能になります。
*iDesignによるデータを使用する事は患者様の眼の状況によってはできないことがあります。

術前検査は完全予約制です。患者様の眼に合わせて検査項目が変更になることがありますのでご了承下さい。

フェムトセカンドレーザーによるフラップ作成

フェムトセカンドレーザーは角膜の組織と組織間にガスを発生させることで、フラップ(角膜を横から切ってめくったもの)を作製する装置です。あらかじめ設定したフラップの大きさや厚さどおりレーザー照射するため、精度の面で優れています。

当院では Abbott 社の i-FS (アイ-エフエス)を使用し、フラップ作製時間は約10秒と短時間で、患者様の眼への負担が少なく行なっています。

Wavefront-guided LASIK

i-FS(波面収差解析装置)のデータをフーリエ解析し、その結果に基づいてエキシマレーザーで、患者様の角膜をもっとも適した形状にします。レーザー照射時の微細な目の動きには、手術前の検査で記録されている虹彩(茶目)の模様に合わせて、眼追従装置(アイトラッキングシステム)によって正確な位置にレーザー照射していきます。

屈折矯正手術をご希望の患者様

当院でレーシックや有水晶体眼内レンズなどの屈折矯正手術をご希望の患者様は、まずお電話で術前検査のご予約をお取り下さい。検査の結果により手術が可能であれば、手術日程が決まります。

【検査日の注意事項】
①検査は完全予約制です。
Tel:03-5275-1856(予約時間:月~金9:00-17:00 )
②検査は約3時間かかるため、お時間に余裕をもってご来院下さい。
③コンタクトレンズご使用の患者様は、ソフトレンズは最低3日間、ハード レンズは
最低1週間以上はずした状態で検査にお越し下さい。
お仕事の関係などで難しい場合、お電話でご相談下さい。
④検査時に瞳孔を広げる目薬(散瞳薬)を点眼しますので、検査後約5時間は手元が見えづらく、まぶしく感じます。また検査当日、車の運転はなさらないで下さい。

手術当日

① 眼科外来で受付

② 眼の周りの消毒や血圧、体温を測定し、手術室に入室する準備をします。

③ 手術室にて、手術を行います。

④ 眼科医による手術後の診察を行います。

⑤ 看護師から手術後の注意点や術後診察の来院時間の説明があります。

 

TOP

› サイトマップ   › English